Oct 20, 2015

LOVE SAVES the DREAM 2015

次号10月30日(土)発売の「KINARI vol.13」にも同内容が掲載されております先行記事となります。

 

DSCN6278

 

 

最高に気分をあげてくれるパーティー「LOVE SAVES the DREAM」が今年も開催する。この冒険するという体感を過去2回与え、今年3回目を開催する直前に主催者の松岡俊介氏にあれこれ聞いてみた。

—LStDをはじめようと思った経緯は何ですか?
「お祭り」と「フェス」ってものに行っていた数年間があって、そこで感じた事は都会の人とそうではない人。簡単に言うと都会の人はフェスで、山の人は祭りみたいなもので皆が混ざり合えていないように感じた。僕はどちらにも顔を出すから、祭りとフェスの両方の良い面を感じたうえで、その二つが合わさったものが無いことを感じて、作りたいなと思ったんだよね。それに同じ会場で何度も同じイベントを行なうシステムができあがっていて、お客さんもそこへ毎年行くから「ここね!ここね!」って流れみたいなものがあって、ミラクルな体験をしたいのだけど、ちょっと慣れちゃってるというデメリットも感じていたり。だから僕はボワンと特に場所も決めずに、充分に説明も受けていないお客さんが自分達でキャッチして“あ~”って体感していくようなものをやりたいなって思うようになった。

—出演アーティストは、どの様な基準で決めていますか?_
限りはあるけど、僕の知っている素晴らしいアーティストさんへお声掛けさせて頂いてます。今回の新しい顔ぶれとしてはチエコビューティー&にゃーまんずさんをお呼びさせて頂いているので聴くのが楽しみ。今年は一つのバンドを多角的に見てもらいたいなと思っていて、Yole Yoleで出演して天草もモーフの旅も児玉奈緒も。よしみちゃん達で言えば、OOIOO、SAICOBAB、EYヨちゃんのDJなどね。

—見所はどこでしょう?
11月2日が平日でなので実験なんだけど、その日の夜深くなっていく時間帯に従って、グレイトフル・デッドが50周年なので、その匂いの人達に集まってもらって、彼らに空気感を汲み取って貰えたら、面白いモノがお見せ出来るかなと。あとは、1日目の夜なんかは女性アーティストに集まってもらって、甘~い感じになればと考えてます(笑)。無謀さで言えばデコレーションの方々も11組お願いしているから(笑)。サマソニ超えてるって言われたけど(笑)。そこに力を入れているのは注目して欲しいかな。

—主催者として、今まで何か感じた事はありますか?
今まで多くの祭りやフェスに出会ってきて、作り手側になると知らないことばかりで。自作の映画監督をした時も同じ様に思ったんだけど、現場は役者として行ってた訳で作り方は知らないんだよ。それで、いざ作りますよってなった時に人がどうやっているのか、あまり気にしない性格もあって、「松岡君、このイベントひとりでブッキングしてるの?」って聞かれた時に「うん、そうだよ。全員に連絡してね」って言ったらさ、その人がハッとした表情をしてた(笑)。そこを自分でやるのが凄いって思ってもらってる反面、そこに人を混ぜないんだって驚きもあったと思うんだよ。「普通ね、誰か入れなかったら色んな歪み生まれちゃうんじゃない?」とか突っ込まれてハッとしたんだけどね(笑)。だから、その辺りは一つ一つやりながら勉強してます(笑)。

—来場者とスタッフの境目を少なくして、一丸となってイベントを行なう理由は?
インターネットで信憑性がある記事と思ってる記事は誰が書いたの?ってみたいな事があるでしょ(笑)。信憑性があるけど全てが捏ち上げって事もあって、そこに何十ページも綴って情熱を注いでいる人もいる。そういったものって結局、騙してるものもあるから、自分でチョイスするしかない。だから、その選択のスキルをあげる事を今迫られている気がして…僕はね(笑)。そんな時代の中でイベントを主催している側として、「そこのお店で食べようよ」って会話の代わりに「面倒くせーよ」って言ってぶつかりながらも、会場にいる全員が協力してこのイベントを築き上げられたらなって。簡単に言えば、昔は黒電話しかなくて、それが留守番電話になり携帯電話になり、今は繋がらないってだけで電話を投げたりする訳じゃない?人間って。時代を振り返って確認しないと、そうなっていっちゃうじゃない?確認している人は昔は電話なんか無かったんだからねって、そんなにイライラしないでいられるんだよ(笑)。随分便利だなって気持ちのままでいられるけど、その中に入ってしまうと見失ってしまうから。そういう意味でもイベントを通して擬似的なモノを作りたくなってしまって、お付き合い願う事になったんだよね。「やれる訳ないじゃん!この状況で!?」とか色々な反論もあるかと思いますが、だから手放し(今回のLOVE SAVES the DREAMのテーマ)なんだよってことなんだけどね。手放しってものは、自転車に例えるといっぱい乗らないと出来ないじゃん?たくさん乗らないと出来ない。だから“手放し”ってもの自体は、簡単には出来ない難しい事だよ。そんな思いのキャッチフレーズ(笑)。ただ、「そんな事言われなくてもわかってるよ」って方は沢山いらしゃるけど、やっぱり体感する数は多い方がそこに戻れる。“ボワーン”とした夢みたいなことばかり言っているけど、これだけ風呂敷広げてるので(笑)。もう手に汗握る感じなんですよ(笑)。ギリギリのギリギリではあるから、「あー、やってるよね」って済まされてしまうと、僕死んじゃいますって感じなのでね(笑)。「何やってるんだろ、見に行っちゃおうぜ!」みたいな心意気で。ファッション関係など、どの業界の人でもキャンプが嫌いでも、一日間でも良いから来てもらえたら良いな。是非是非、お越しください!

 

 

LOVE SAVES the DREAM 2015
てばなし!

日時:2015年10月31日(土)〜11月3日(火・祝)
場所:三河高原キャンプ村 愛知県豊田市東大林町半ノ木2番地
出演:GOMALIOS(GOMA & 中村達也),、SAICOBAB、OOIOO、DJ EYヨ、チエコ&ビューティー&にゃーまんず、BIG FROG MABROCK feat.YAK、SKOLOCT、GRAVITY FREE
オフィシャルサイト:http://www.drillno.jp/#!lstd2015/cxzq
FACEBOOK:https://www.facebook.com/lovesavesthedream8b6336_1ccd23c1a1ee423cab7b55e6f5c1e11c.jpg_srz_p_647_931_75_22_0.50_1.20_0.00_jpg_srz

Posted in NEWS, TOPICSNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment