Mar 29, 2014

KINARI vol.10

10_convert_20150217173544

PERFORMANCE
表現することは素晴らしい

 

ようやく暖かい季節がやってきましたね。
外にでることも多くなり何となくハイな気分。
ぼくたち人間は表現するという素晴らしいことができます。
人を喜ばせることができるのが表現者の証。
笑顔を与えてくれるなんて何よりも嬉しいこと。
この特集は、そんなパフォーマーの集いです。

01. 表現者たち

表現することは僕たち人間にとって素晴らしいことです。それは、アートや音楽、ファッションなどに携わる多くの文化人たちにはじまり、学生や子供、私生活でも日常的に起こることです。そのなかでも自分らしく表現することは簡単なようで、なかなか難しいこと。時代を先駆けてきた偉人たちは、その自分らしく表現することを怠らなかった人たちです。役者をはじめとした、演じること=パフォーマンスに重きを置いた厳選された表現者たちが出演。
表紙/窪塚洋介 a.k.a 卍LINE 出演/ダライ・ラマ法王14世[指導者]、忽那汐里[女優]、柄本時生[俳優]、山本”KID”徳郁[格闘家]、若松孝二[映画監督]、井浦新 [俳優]、大西信満[俳優]、染谷将太[俳優]、篠原有司男[アーティスト]

02. 表現の国、ブラジル。
08年の創刊から5年が過ぎた今回の第10号は記念としてパフォーマンス大国であるブラジルを特集。日本の裏側に位置するはずなのに何故か接点が多く、興味をそそられる不思議なパワーを持った国。カーニバルでも知られるように 活気がみなぎり、南国の気候も重なって明るく陽気な国民ば かりです。そのなかでもアートや音楽のストリートカルチャーは近年著しく上昇しています。JR(写真家)やアフロレゲエ(音楽)などの新しい文化が次々と誕生し、グラフィティが職業となる文化に長けた国。街(ストリート)で生まれた文化が、ここあります。

Posted in BACKISSUENo Comments » 

関連記事

Comment





Comment